エネルギーが高い時もあれば、低い時もある

この記事は2分で読めます

 

こんばんは。ルートです。

7月最後の週末が終わり、また明日から7月最後の週が始まりますね(速い!)。

それぞれの持ち場で、また頑張っていきましょう。

 

 

さて、

今日は、「エネルギーが高い時もあれば、低い時もあるよね」

というお話をさせていただきます。

 

みなさんも、

こういった経験があるのではないですか?

 

 

夜遅くまで(あるいは明け方まで)楽しく遊んだ後、次の日も早朝から予定がある。

でも充実しているから、次の日の予定もバリバリこなすぜ!

という時もあれば、

 

 

昼近くまで寝てしまったけれど、なんだか疲れが取れない。

休みができたらやろうと思っていた趣味も、今日はいいや・・・。

なんなら飯も食いたくないし、スマホも放置。とにかく寝よ。

 

 

という時もあります。

 

 

エネルギーが高い時は、多少の疲れに負けず、

いくらでも予定をこなすことができます。

 

 

一方で、

エネルギーが低い時は、嫌なことがあるとなかなか立ち直れないし、

何もする気力が起きず、人と会うのもしんどいという状態になってしまいます。

 

 

「元気があれば何でもできる」(byアントニオ猪木)は、

まさにその通りなのです。

 

 

どんなことも、急激に変えることは難しいです。

 

元気がないからといって、無理やり元気を出そうと栄養ドリンクを飲むと、

効き目が切れた時に反動が来て、余計に体がだるくなったりします。

 

 

急激にエネルギーが下がることを防ぐために、

できるだけ高いエネルギー状態を保っておきたいですよね。

 

 

一人でその高いエネルギー状態を保つのは難しいです。

しかし、仲間がいると、高いエネルギー状態を維持しやすいのです。

 

 

僕は不登校だった中学1年の時、とても気持ちが落ち込んでいました。

エネルギーが切れていた、ということでしょうね。

 

しかし、

適応指導教室に通うようになって、

メンバーがとても楽しそうに毎日を過ごしているのを見て、

次第に笑顔を取り戻していきました。

 

 

適応指導教室でエネルギーを蓄えていった僕は、

学校復帰、社会復帰して、

今、適応指導教室を卒業して大人になったメンバーたちのコミュニティを運営させていただいています。

 

 

みんなで高いエネルギー状態を保ち、

みんなのレベルを上げていく!というのが目標ですね。

 

 

 

このブログも、そのコミュニティと同じように、

エネルギークラウドとなるような空間にしていきたいです。

 

 

人はそれぞれが、それぞれのコミュニティに所属しています。

そしてそのコミュニティを、移動することもあります。

 

 

各コミュニティが、

それぞれのメンバーにエネルギーを与える「エネルギークラウド」となることを願っています。

 

 

ではでは、本日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

P.S.

エネルギーが高い状態を保つのが理想ですが、

どうしてもエネルギーが切れてしまうこともあります。

 

「無理をしてでもずっと元気な状態を保て!」という根性論的な話ではありませんので、

安心してください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ