パチスロで学んだ期待値という考え方 ~第4章~「期待値の先の5万枚」

この記事は4分で読めます

こんばんは。ルートです。

 

今回の記事は、

パチスロで学んだ期待値という考え方 ~第3章~「家賃にも手をつけるダメ大学生スロッター」

の続きとなります。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Y先輩や、中学校からの同級生のKくんとともに、
毎日のようにホールに打ちに行っていた大学生のルート少年。
(彼女とも別れてしまったので、自由奔放でした)

勝って美酒に酔いしれる時もあれば、
負けてご飯に塩をかけて食べる日もあり、

収支は不安定でした。

しかし・・・

2009年の初めごろ、

とあるブログを見つけた僕は、毎晩そのブログの記事を読むようになりました。

・ハイエナスロッターぽるさんのブログとの出会い。
http://www.ruud10.biz/cyfons/cf/o0rvltx

当時はエヴァンゲリオン約束の時や、青ドン、スーパービンゴなどがホールの主力機種でした。

それらの機種には、「天井」という機能がついていました。

「天井って何?」とFくんにメールで聞くと、

「天井?ああ、天井RTのことね。天井ゲーム数に到達するとリプレイタイムに入って、コインが減りにくくなったり、上手く小役が揃えばコインが少し増えたりする機能だよ」

という答えが返ってきました。

ぽるさんのブログを注意深く見てみると、
ぽるさんは「天井狙い」を徹底することで堅実に勝利を重ねているようでした。

そこで初めて学んだのが、
期待値という考え方です。

それぞれの台ごとに、「狙い目」となるゲーム数が存在することがわかりました。

その狙い目のゲーム数を覚え、
1ゲームでも天井に近い台を打つことが、
勝利への近道だということがわかりました。

ぽるさんのブログには、連日の記録が書かれていました。
連日の稼働記録を見ると、常勝というわけではないのですが、

月単位で見るとほとんどプラスになっていました。

「○○ゲームから打ち始めて、○円投資して、○円回収できました。」というように、データがしっかりしているので、

「これならば僕も真似できそうだ」と思い、
見よう見まねでやってみようと思いました。

そうすると・・・
僕自身も月単位で確実にプラス収支を刻めるようになりました。

1ヶ月で、+1万枚以上を稼げる月もありました。

アルバイトで得る金額と足すと、十分に生活していける金額でした。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
※ここで、僕が2011年当時に稼働していた際の、
年間+5万枚超えのデータをプレゼントいたします!
ブログでは公開していない特別なものです。
ルートユナイテッドメンバーのあなたに特別に差し上げます。

http://www.ruud10.biz/cyfons/cf/ktzk
パチスロで稼ぐことは本当に可能なのだということを
実感していただけたら幸いです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この調子でいけたら働かなくていいんじゃね?と有頂天になったりもしました。
まぁ、大学生の若気の至りですね笑

天井狙い、期待値に基づいた立ち回りは、
Y先輩や同級生のKくんにも浸透していきました。

彼らは遊び打ちの資金を得るために、期待値稼働でプラスを重ねているという感じでしたが、
パチスロにおいて、長く楽しむために重要なことは、マイナスを重ねないことですから、
コントロールしてパチスロを打つというのは大切なことだと思います。

また、高校時代からの友人Yくんは、
パチスロ知識が0だったのですが、

僕がノウハウを全て教えて、
3ケタ万円以上の貯金をしてもらいました。

今では僕よりも最新機種の情報に詳しく、
僕の方から情報を求める程です。

僕は「期待値」という考え方を教えてくれたぽるさんにとても感謝しています。

今現在は、ぽるさんのブログの更新は止まってしまっているようですが、
元気で過ごしてくれていることを願っています。

あれからまた数年経って、
パチスロ業界も大きく変わってきているようです。

天井付きAタイプ時代から、
ボーナス+ART機時代を通過し、
荒波AT機の時代へと移り変わっていった5号機時代。

その荒波AT機の時代も、もうまもなく終わろうとしています。

今では全くと言っていいほどパチスロを打たなくなりましたが、
「パチスロでお金を稼ぐ」というのが、一つの方法であるという理解は、
今でも変わりありません。

これからも、
業界は変わっていくでしょうが、

人生の一部分の時間を、

娯楽として、
あるいはビジネスとして、

パチスロに費やしていくというのは、
ありだと思います。

ただ、
一つだけ気をつけてくださいね。

いろんなところで言われていることですが、
パチスロは適度に楽しむ遊びです。

つまり、
自分の意思でコントロールして行うものということです。

もしも、
「ちょっと今は自分のコントロール下に負えない稼働をしているなぁ」
と思っているあなたは、

一度冷静になって、周りを見てみると、楽になれるかもしれません。

パチスロの知識を得て、パチスロで勝ち続けるのもいいし、
パチスロ以外の趣味をもつのもいいし、

パチスロ以外の方法で稼いでもいいのです。

(今後も最新のパチスロ情報を得て稼いでいくためには、
2-9伝説を中心に勉強することをお勧めします。)

http://www.ruud10.biz/cyfons/cf/tsu

稼働の時はここ見ておけばまず間違いないです。
スマホ等にブックマークしておくといいでしょう。

また、僕自身2-9伝説を参考にさせてもらって、
2015年の4月~6月には、+2万7005枚を達成しました。

その時には、
たけしさんのメルマガに登録した際にもらえる収支表を使っていたので、

あなたもたけしさんの無料メルマガに登録しておくといいですよ。
http://www.ruud10.biz/cyfons/cf/zlr

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

僕にとってパチスロとは、

「父親が借金をしてまでハマって、両親が離婚するきっかけとなった引き金」
でもあり、

「学生時代をY先輩やKくん、Fくんと優雅に過ごすための資金をもたらしてくれた、遊びとビジネスを両立するツール」
でもある。

同時に、
パチスロは僕にとって、

「パチスロ知識0だった友人Yくんに、1年間で3ケタ万円稼がせたビジネス案件かつ共通の趣味」
でもある。

パチスロの、表と裏。

パチスロの、明と暗。

一方では借金をしてまでのめり込み、
家族すらも手放してしまう人がいるのに対し、

一方ではビジネスと遊びの両立として、
楽しみながら立ちまわる人もいるのも事実であるし、
全くの初心者を稼がせることができる人がいるのも事実である。

僕やYくんにあって、
過去の僕の父親に無かったもの。

僕は、
パチスロから「期待値」という考え方を学んだ。

期待値を積み重ねていけば、必ず成果に辿り着ける。
そう信じて、僕はこれからも生きていきます。

「パチスロで学んだ期待値という考え方」 完
最後までご愛読ありがとうございました。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

・・・もしまだお時間がおありなら、

よろしければこちらもお読みいただけると嬉しいです。

 

~番外編~「母の誕生日でもあり、祖父の命日でもある日」

~番外編2~「期待値」を意識すると人生が気楽になる―4月~6月の稼働結果は+27005枚―

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

本日も当ブログにお越しいただき、ありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

続きはこちら→

第3部「期待値は世界中に広がっている」(編集中)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る