タグ:図書館

  1. 英語では、「理解する」という意味合いで、 「I see.」 という表現を使います。 つまり、 「観ること」と、「理解すること」には、密接な関係があるということです。 &n…

RETURN TOP

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る