「人は三千円の使いかたで人生が決まるのよ」『三千円の使いかた』

この記事は1分で読めます

「人は三千円の使いかたで人生が決まるのよ」と、

中学生の美帆に祖母は教えてくれた。

そこから物語が始まる。

 

学び多き本だった。

小説だが、前半は生活や金融のちょっとした知恵が学べる。

 

中盤は人生何事もお金だな…と世知辛い展開が続く。

 

しかし最後は、

ファイナンシャルリテラシーと人情が融合して心暖かな気持ちになれる。

 

著者の原田ひ香さんの本を読んだのはランチ酒に続いて2冊目。

今後も気になる作家さんだ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る