年俸1800万円の中継ぎ投手が主人公の野球マンガ

この記事は1分で読めます

最近ハマっているマンガの一つが、

『グラゼニ』です。

 

週刊モーニングに連載されている野球マンガです。

 

 

野球マンガといっても、このマンガの主人公は、

「双子の兄弟が事故で亡くなってしまったけれども、幼なじみを甲子園に連れていくために奮闘するピッチャー」でもなく、

「メジャーリーグを目指して豪腕を奮い続けるピッチャー」でもなく、

 

年俸1800万円の中継ぎ投手(26歳)です。

 

 

・・・その時点で華がないというか、

ゴールってどこにあんの?甲子園行くとか、プロ野球選手になるとか、メジャーリーグに行くとかないの?

って感じなんですけど、

 

『グラゼニ』では、

1800万円中継ぎ投手、凡田夏之介の登板生活が描かれています。

 

 

ただ、これが新しいなという感じで、

プロ野球界という華やかな世界の裏側というか、

土台の部分というか、

 

「飯を食うために野球をしている」という姿がひしひしと伝わってきます。

 

 

年俸が1億円を越えても、

活躍できずに次の年の年俸が激減したら、

税金が払えない・・・みたいな、

 

 

どんな世界でも、

「働いて稼いでいくってのは大変なんだなぁ」と実感させられるマンガです。

 

 

マンガの主人公には何でもできるスーパースター型と、

最初は頼りないけど段々成長していく一般人型があるかと思いますが、

 

このマンガの主人公の夏之介は後者でしょうね。

 

 

大多数の野球マンガの主人公は前者だと思うので、

この『グラゼニ』で描かれている視点は新しいなぁって感じです。

 

 

 

よかったら読んでみてください~

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る