満足のいくおかわり『ランチ酒 おかわり日和』

この記事は1分で読めます

満足のいくおかわりだった。

 

前作で祥子の人となりや、それを支える周囲の人の様子がわかった。

 

今作では祥子がより人間らしく、

周囲の人と関われるようになってきたように思える。

 

優等生じゃなくていいんだ。

失敗したっていいんだ。

カッコ悪くたっていいんだ。

自分にもできることがあるんだ。

自分には自分の居場所があるんだ。

 

自己否定から、

自己受容、

自己肯定へと、人は回復していく。

 

美味しいご飯を栄養にして、お酒に癒されて。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る