Nintendo公式チャンネルのゲームセンターDXまとめ

この記事は2分で読めます

小学校時代は、よく友達の家に遊びに行ったものでした。

ときにはゲームボーイと通信ケーブルと、予備の電池を自転車のかごに入れて・・・。

ときにはメモリーカードとPSソフトを自転車のかごに入れて・・・。

(早く遊びに行きたくて急いで自転車をこぐと、段差に引っかかってかごの中身が吹っ飛んだり・・・笑)

 

ポケモン赤・緑、モンスターファーム1&2、ウイニングイレブン4・・・。

あと、ザ・ゲームメーカーなんてのもやってました。

 

今の時代、子どもたちが友だちの家に遊びに行くとしたら、

やっぱり3DSを持って行くのかしら?

それともPSVITA?

いやいや、ニンテンドースイッチという可能性もあるか?

 

 

 

まぁやっぱり、

「学校帰りに友だちの家でゲーム」っていう感覚は、

今も昔も変わらないものなのでしょうね。

 

 

最近は動画サイトで、

「ゲームプレイ動画」などがアップされていることが多いですね。

そのきっかけを作ったのは、まちがいなくゲームセンターCXの有野課長でしょう。

ゲームセンターCXも2003年の開始からはや13年。

レトロゲームをプレイする本家のスピンオフ企画として、

相方の濱口エグゼクティブが最新ゲームをプレイするという、

ゲームセンターDXが公開されているようです。

 

 

友だちの家に遊びに行った感覚を思い出しながら、

まったり見てみるのもいいんじゃないかと。

 

宿題を終えてから観るならなおよし!笑

 

ゲームセンターDX#1 「ヨッシーウールワールド」

 

ゲームセンターDX#2 「ゼルダの伝説 トライフォース3銃士」

 

ゲームセンターDX#3 「マリオテニス ウルトラスマッシュ」

 

ゲームセンターDX#4 「スターフォックス ゼロ」

 

ゲームセンターDX#5 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」

 

 

ゲームセンターDX#6 「ポケットモンスター サン・ムーン」 Vol.1

 

 

ゲームセンターDX#7 「ポケットモンスター サン・ムーン」 Vol.2

 

 

ゲームセンターDX #8「スーパーマリオ オデッセイ」


こうやってゲームの冒頭をyoutubeでプレイ動画として流すと、

欲しくなる人は増えるでしょうね。

自分が小学生だったら、「次のプレゼントはこれをおねだりしよう!」と思ったかもしれません。

 

 

よいこのみんな!ゲームをおねだりするときは、

宿題もしっかりやろう!

 

 

まぁ家族で一緒にやるって決めて、

それ以外の時間はお互い勉強したり、家事をしたり、仕事をしたりっていうのもありですね。

 

 

ちなみに、

こういう無料の動画は、スーパーの試食などと同じ原理で、

「無料オファー」というものですね。

 

 

無料で「とりあえずある程度楽しんでみて」って渡されて、

無料でもある程度は楽しめて、

続きが気になるとしたら製品版を買ってね、というのは、

商売の基本戦略ですからね。

 

 

スマホアプリなんかは全部そのスタイルですし。

 

あらゆるものをそういう視点で見ると、

どこまでが無料オファーでどこからが有料なのかがわかってくるので面白いです。

そこを見極めたうえで、無料の部分を存分に楽しむこともできますし、

気に入れば有料版を手に入れることもできます。

 

では、

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る