不登校生徒がゲームばかりしてしまうメカニズム

この記事は3分で読めます

不登校といえば、ひきこもり。

ひきこもりといえばゲーム。と。

 

学校に行っていないと、家にいて外出しなくなるし、

やることといったらゲーム、というのはいつの時代も変わらないようです。

 

僕も中学校一年生の時、

ひたすらドラクエ7の石板集めをしていましたから・・・。笑

 

 

まぁでも、ゲームばかりしている子どもさんを見て、

「うちの子は本当に大丈夫かしら・・・。何年もこのままでいるんじゃないかしら・・・。」

と心配に思う親御さんも多いようです。

 

 

今日も僕のところに相談にいらしたお母さんが、

「子どもがゲームばかりしてしまって、生活リズムが乱れているというより、全くないぐらいの感じなんです」

と、お子さんのことを心配していました。

 

 

「そろそろゲームを卒業してほしい」とそのお母さんは話しておりましたが、

・・・できるかなぁ?卒業。

僕だって、30歳になった今でも、ゲームやりますしね。

 

 

今日は、不登校のお子さんが、

なぜ家から出ずに、ゲームばっかりしてしまうのかというのを、

「エネルギー」という観点で解説させていただきます。

 

 

まず前提として、

外で誰かに会うというのは、とてもエネルギーを使います。

 

特に、不登校になったりする子っていうのは、人一倍感受性が強い子が多いので、

自分に向けられている以外の情報も「もしかして自分のせいかも・・・」とキャッチしてしまいがちです。

 

まぁこれは少しずつトレーニングして、「反応しなくなる」っていうのも大事なんですが、それはもっともっと先の話。

とにかく不登校の子は、エネルギー切れの状態なんですね。

 

外で人に会うのは、エネルギーが十分に満たされるまで、無理にしなくてOKです。

 

また、エネルギーには、「体のエネルギー」と「心のエネルギー」があります。

体のエネルギーは、基本的には寝て起きれば回復します。

しかし、心のエネルギーは、それだけでは回復しません。

 

心のエネルギーを満たすための充電器は、残念ながら十人十色、千差万別なので、

根気強く探していく必要があります。

 

厄介なのが、

体のエネルギーは毎日回復してしまうことです。

 

 

不登校で家にいる時は、

そうそう体のエネルギーを使うことはありません。

 

 

まぁ、運動とか、勉強とか、

自分を成長させる方向に体のエネルギーを使えると充実感も得られるのですが、

心のエネルギーが少ない時は、「自己成長」に時間を使うことができないわけです。

 

 

ここで手っ取り早いのはゲーム。

ゲームすると、結構くたびれます。

 

8時間とかぶっ通しでやれちゃったりしますしね。

8時間走れって言われてもできないし、

8時間勉強しろと言われてもできない。

 

けれども、ゲームだったらできちゃうんです。

 

 

さすがに一日に8時間もゲームしたらくたびれます。

もしかしたら12時間ゲームできちゃう人もいるかもしれませんが(有野課長みたいに)、

 

そういうひとでも、自分の限界を越えてくると、

目もちかちか、しぱしぱしてきます。

 

そこですかさずベッドにダイブ。

「今日という一日を、ようやく過ごすことができた・・・」

ってことで、また明日、迎えたくない朝を迎える準備をするわけです。

 

不登校の子どもにとって、

今は「ゲームをすることでしか、膨大な毎日の時間を埋める術を持たない」ということなんだと思います。

 

何もしないよりは、ゲームをしてた方がいいかなとか、

ゲームに没頭することで、現実を忘れたい、

等の考えのもと、ゲームをしているんだと思います。

 

ここで大事なのは、

「ゲームをするな」という視点で関わるのではなく、

「ゲームよりも面白いことって、何かないかな?」

という視点で関わることだと思います。

 

 

ゲームを否定するわけではないけれども、

ゲーム以外の選択肢ってないかなって、

ゲームを置いておけるといいんですけどね。

 

 

今や町を歩いていると、みんながスマホでゲームをしています。

(ポケモンgoとかが話題ですね。僕はプレイしていませんが。)

 

 

今の世の中で、「ゲームを一切遮断する」という選択肢は、非現実的なことのように思います。

 

ですので、コントロールしてゲームをして、

 

ゲームよりも別のことに自然と多くの時間を割けるようになるのが、めざすべきところだと思います。

コントローラーを握っているのは自分なので、

ゲームにコントロールされる人生を送らないことです。

(上手いこと言ったつもりです)

 

 

不登校の子どもにとって、

ゲームは「膨大な時間をつぶすための唯一の方法」といったところでしょうか。

 

だからまぁ、

ある意味、生きるために必死でゲームをしているんですよね。

 

 

膨大な時間に押しつぶされそうって感じるほど、

苦しいことってないので・・・(体験談)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ