1. 月に7冊以上本を読む生活が定着しています。 2017年11月で20ヶ月目になりますね。 精神科医の樺沢紫苑さん著の『読んだら忘れない読書術』 によると、 「一月に7冊以上読む日本人は4%…

  2. こんばんは。ルートです。 ここまで宮下奈都さんの小説を3冊読んだので、感想をまとめます。 ちなみにタイトルのところにある番号は順位ではないです。 一番有名なのは「羊と鋼の森」かもしれませんが、「スコーレNo.4」もおすすめ…

  3. ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチが、プレミアリーグのニューカッスル戦で復帰しました。 王の帰還…イブラがついに復帰!「ライオンは人間のように回復しない」と“イブラ節”も炸裂 イブラ…

  4. こんばんは。ルートです。 このブログにお越しいただいている方の中には、 お子さんがいらっしゃる方もいるかもしれませんね。 お子さんが「スマホ・ネット・ゲーム」に依存して困ってるー …

  5. 2017年10月の読書メーター 読んだ本の数:13冊 読んだページ数:2517ページ ナイス数:334ナイス 1.海辺のカフカ〈上〉 面白い。これは田村カフカくんの物語なのか、それともナカタさんの物語なのか…

  6. 以前は学習塾に勤務していたことがありました。 今もカウンセリングの傍ら、ときどき高校生に勉強の質問を受けることもあります。 今日は高校生向けの勉強法についてお話ししたいと思います。 …

  7. こんばんは。ルートです。 大学生の時は、 パチスロで稼いでいた時期もありました。 パチスロって聞くと嫌悪感を感じる方もいるかもしれません。 …

  8. 不登校の子どもとの関わりは、 僕にとって、「海を眺めている感覚」に似ている。 青く、澄んだ海。 穏やかな波が、心地よいリズムを刻んでいる。 …

  9. 不登校といえば、ひきこもり。 ひきこもりといえばゲーム。と。 学校に行っていないと、家にいて外出しなくなるし、 やることといったらゲーム、というのはいつの時代も変わらないようです。 …

  10. 小学校時代は、よく友達の家に遊びに行ったものでした。 ときにはゲームボーイと通信ケーブルと、予備の電池を自転車のかごに入れて・・・。 ときにはメモリーカードとPSソフトを自転車のかごに入れて・・・。 (早く遊びに行きたくて…

RETURN TOP

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る