資本主義が向かう先に幸せはあるのか『店長がいっぱい』

この記事は1分で読めます

豚肉とたまごの丼を出すチェーン店、友々家。

 

全国各地、

さらには海外にもある店舗の店長たちは、

毎日忙しい。

 

人生をより良くするために、発起して始めた店。

 

しかし、重なるのは苦悩ばかり。

多くの店長が、本部のやり方に不満を持っていた。

 

特に、二代目社長のやり方には不満が多い。

 

敏腕マネージャーの霧賀久仁子が、各店を奔走して間に入る。

 

最善のシステムを作成し、会社は黒字。

しかしだれもが夢を掴み、幸せになれたわけではない。

 

なにかがちがう。おかしい。

そんな思いを抱いていたのは、店長たちだけではなく、

創業者の真田あさぎもだった。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校児童生徒のカウンセラーをしています。小学校⚽キャプテン、中学校テスト学年一位から、不登校という分かれ道に迷い混み、苦しみました。あのときの暗さ、冷たさから救ってくれた仲間たち。ありがとう。人生の岐路で、一緒に考えるお手伝いをします。大事な選択は、迷ってもいいんです! NDQメンバーです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る