錦山が修羅になるとき

この記事は1分で読めます

こんばんは。ルートです。

 

EURO2016本大会の組み合わせが決定したり、

UCLラウンド16の組み合わせが決定したり、

クラブワールドカップでサンフレッチェ広島が躍進し、バルセロナが圧倒的強さを見せたりしている今日この頃ですが、

いかがお過ごしでしょうか。

 

 

サッカー界もアツい今ですが、

龍が如く極もアツい、最後の公式トレーラーが公開になりました。

 

冒頭の堂島会長が亡くなったシーンもリアルに再現されていますね。。。

錦のために罪を被った桐生さん。

楽しそうな雰囲気のセレナの場面が辛いですね。。。

 

 

友を裏切って修羅となった錦山。

その罪を被って10年も服役した桐生さんは、さぞかし辛かっただろう、

・・・というのが龍が如くの始まりですが、

 

 

その背景にはもう一人の男の苦悩が。

「龍」になれなかった男。

錦山。

 

 

「桐生がじゃなくてお前が捕まればよかったのに・・・」

「風間の親分は桐生に組を継がせようとしている・・・」

「まだ桐生の方が根性あったわい・・・」

 

 

 

対等のはずが、

いつしか認められるものと認められざる者の関係となった、

桐生と錦山。

 

 

この龍が如く極は、

認められざる男錦山こそが、

真の主人公なのかもしれません。

 

 

 

明るい昼の神室町。

ビルの前に、2本の足でしっかりと立つ遥。

桐生が歩みより、二人は歩き出す。

 

遥「ねぇ、おじさんは何歳までサンタさん信じてた?」

桐生「え?いや・・・、いくつだっけな・・・」

 

 

全ての物語は、ここから始まった。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る