新作の龍が如く極はどんな新要素が?

この記事は2分で読めます

こんばんは。ルートです。

 

僕のブログで特に閲覧数の多いページが、

龍が如くの新作についてのページです。

 

とてもありがたいことですねぇ。

龍が如くシリーズの面白さが多くの人に伝わるのは嬉しいことです。

 

 

龍が如くシリーズ最新作は2016年秋発売予定の「龍が如く6(PS4)」となりますが、

その前に「龍が如く極(PS3&PS4)」が発売されます。

 

 

リメイクっていうと、ドラゴンクエストシリーズが有名かなと思います。

ドラゴンクエスト5は、初代はスーパーファミコンで発売され、

PS2でリメイクされた後、DSでも発売されました。

 

PS2でリメイクされた時はパーティが3人から4人に増えるという変化があり、

DSでリメイクされた時は結婚イベントの新たなお嫁さん候補としてデボラが登場しました。

 

 

 

龍が如くシリーズに関しては、

PS2で初代「龍が如く」が出て、PS3で1と2が組み合わさったHDエディションが発売されました。

そして今回はPS3とPS4で龍が如く極が発売されるわけです。

 

 

今回は錦山のエピソードなどが追加されているので、

大幅にボリュームアップしている感じがありますねぇ。

このPVにも少しだけ出てきます。

 

 

こんな風に、+αのリメイクが売れるっていうのは、

一回遊んでいる安心感があるというか、

世界観がすでに共有できているからっていうのがあるんですかね。

 

 

本当に新しいシリーズだと、そのシリーズの世界観に入るのに、

大きなエネルギーを必要とします。

 

 

一方で、すでに遊んだことのあるシリーズならば、

「勝った時の面白さが計算されている」という風に言えると思います。

 

 

定番になるシリーズから学べることは多いですね。

 

 

P.S.

僕が今回行ったように、

「龍が如くのリメイクとドラクエのリメイクを比較してみる」というような例えがとても上手いのがこちらのブログです。

GAMEの屋敷

 

こちらのサイトでは色んな視点から龍が如くの新作の予想をされています。

東京ゲームショーで新作が発表される前から、かなり綿密に予想されていて、

読んでいて面白かったです。

 

おそらく、今後最新情報も踏まえて予想がされていくと思うので、

要注目ですね。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る