家をもたない住所不定落語家立川こしらさんの思い切りがすごい

この記事は1分で読めます

家を持たずに全国を旅する落語家、立川こしらさん。その昔は不要品を引き取って修理して売ったり、物々交換したり、物に溢れて過ごしていたらしい。

人にとっては不要なものでも、価値を感じてくれる人がいるのをとことん応用していったみたい。

こしらさんの思い切りのよさは、読んでいて気持ちがいい。

「やってみる」ってことが大事で、うまくやれば意外とコストもかからないということを体験を通して教えてくれる。一

つで超一流にならなくても、組合せ次第でオリジナリティが出る(といっても落語家としても真打だからすごいけど)。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る