「うちで踊ろう」が流行中の星野源さんの『蘇える変態』

この記事は1分で読めます

日常の下ネタ話の中に、時折混じる真面目な話。

 

おじいちゃんが宇宙人になっちゃった話、くも膜下出血と戦った話。

鶴瓶さんとの電話も素敵だった。

 

「生きとればな、俺みたいにおもろい仕事できるわ」

生きるために、うちで踊ろう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る