ロシアワールドカップアジア最終予選進出チームと最終予選レギュレーション

この記事は1分で読めます

2016年3月29日に、

アジア2次予選を突破した12チームが決まりました。

 

【W杯アジア最終予選進出チーム】

サウジアラビア
オーストラリア
カタール
イラン
日本
タイ
韓国
ウズベキスタン
シリア
イラク
中国
UAE

 

また、

この12チームは2019年に行なわれるアジアカップへの出場権も獲得しています。

 

2015年のアジアカップでは、日本はラウンド8でUAEに敗れました。

次回はアジア王者に返り咲いてもらいたいですね。

 

 

その前に行なわれるロシアW杯。

アジア最終予選は2016年9月から行われます。

 

最終予選では、12チームが6チームずつ2つのグループに分かれ、

ホーム&アウェー方式で対戦します。

 

各組上位2カ国は自動的にロシアワールドカップの出場権を獲得。

各組3位同士がプレーオフを行い、その勝者が北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフへ進出します。

 

4月7日にFIFAランクによりポット分けが行われ、

4月12日に組み合わせ抽選会が行われます。

 

 

※現状のポット予想はこちら

・第1ポット イラン、オーストラリア
・第2ポット 韓国、日本
・第3ポット サウジアラビア、ウズベキスタン
・第4ポット UAE、中国
・第5ポット カタール、イラク
・第6ポット シリア、タイ

 

この時点で日本は、

最終予選で韓国と同組になることはなくなりました。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る