シャペコエンセの選手らコロンビア航空機事故の犠牲者にお悔やみ申し上げます

この記事は2分で読めます

日本時間の11月29日、大変な事故が起きてしまいました。

ブラジルのサッカーチーム、シャペコエンセを乗せた飛行機が、コロンビアで墜落し、

選手、監督を含めた、多くの乗客が犠牲になりました。

 

 

シャペコエンセは、南米のコパ・スダメリカーナの決勝に向かう途中でした。

これは欧州のUEFAチャンピオンズリーグに相当する大会です。

つまり、その試合で勝利すれば、南米代表として、12月のクラブワールドカップに参加する権利を得ることになります。

 

 

もしかしたら、南米のクラブを代表して、日本にきていたかもしれない。

そういった彼らの訃報は、とても残念でなりません。

 

 

サッカー界における飛行機事故といえば、

1958年の「ミュンヘンの悲劇」が思い浮かびます。

 

 

マンチェスター・ユナイテッドの選手たちが、チャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)のベオグラード(旧ユーゴスラビア)戦の後、本拠地に向かう途中で給油のため、ミュンヘンの空港に立ち寄りました。

 

給油を終えた後に、チャーター機は離陸に失敗。

滑走路のフェンスを突き破り、空き屋に衝突し、炎上したとのことです。

この事故で、マンチェスター・ユナイテッドの選手8名を含む、乗客23人が亡くなりました。

 

 

今回のシャペコエンセの事故では、

チーム関係者20名以上が亡くなったとされています。

乗客全体でも70名以上が亡くなってしまったようです。

 

 

科学の発達した近代における、大きな悲しみをもたらす事故。

 

私自身、今年は祖母を亡くし、

後輩の早すぎる死を経験しており、

今回の事故はとても悲しい気持ちでいっぱいです。

 

一サッカーファンとして、

心からお悔やみ申し上げます。

 

 

また、これから開催されるであろうクラブワールドカップが、

何事もなく、無事に終わることを祈っています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る