『おひさまジャム果風堂』に感動したので感想

この記事は1分で読めます

とてもいいお話だった。

遊園地のヒーローショーのスーツアクターをする拓真は、突然亡くなった妹の子ども、昌を預かることになる。

両親も亡くなって、妹も亡くなった。

27歳の青年の実家には、8歳の子どもの分の靴や洗濯物が増えた。

誰が読んでも楽しめる作品だと思う。

各々の心のなかに、果物の風香る作品。

ジャムを使った料理がいろいろ出ていて、勉強になった。デザートだけじゃないんだね。

つばさちゃんもいい子だった。拓真はまた言えるようになるだろう。「大丈夫」と。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おひさまジャム果風堂 [ 高森美由紀 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/8/1時点)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校児童生徒のカウンセラーをしています。小学校⚽キャプテン、中学校テスト学年一位から、不登校という分かれ道に迷い混み、苦しみました。あのときの暗さ、冷たさから救ってくれた仲間たち。ありがとう。人生の岐路で、一緒に考えるお手伝いをします。大事な選択は、迷ってもいいんです! NDQメンバーです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る