居候は関西弁のインドの神様!?『夢をかなえるゾウ』

この記事は1分で読めます

ドラマにもなった有名な本。

 

主人公のもとに、インドの神様ガネーシャが突然現れる。

 

わがままな居候のガネーシャ。

関西弁の自称神様の言うことを聞きながら、

少しずつ成功に近づいていくというお話。

 

巻末に、ガネーシャの教えのまとめが書かれていて便利。

 

いろいろと大事なメッセージはあるけれど、

「期待は未来への借金」という言葉になるほどと思った。

続きもあるようなので読んでみよう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る