廊下で寝転んじゃう子のひみつ『発達障害 僕にはイラつく理由がある!』

この記事は1分で読めます

誰にでも参考になる本だと思う。

 

著者のお子さんリュウ太くんには、

ADHDと軽い自閉症スペクトラムがある。

 

それらは発達障害の一部であるが、

その説明の図を見るだけでも価値がある(10ページ)。

 

20歳になり、

当時の心境を話せるようになったリュウ太くん。

 

例えば光や音に敏感で、

騒がしい教室では眩しくて何も見えなくなって、

集中できなかったそうな。

 

そんな時、廊下で寝転ぶと、

ひんやりして落ち着いていたとのこと。

彼なりのクールダウンだったのだ。

 

発達障害を抱えている子はどういう点で困っているかがわかる。

 

どんな人でも発達には偏りがあるから、

自分は発達「障害」よりも発達「傾向」って考えた方がしっくりくる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る