龍が如く0と2014FIFAワールドカップ~真島の兄貴のラブストーリーとドイツVSブラジルの惨劇~

この記事は2分で読めます

こんばんは。ルートです。

 

先日から久しぶりにハマっていたゲームをクリアしました。

龍が如く0です。

 

20日間で、100時間ほどやっていたようです。

1日平均5時間って、振り返ると「やり過ぎだろ」と思います笑

 

 

ですが、

久しぶりにそれだけ熱中できるゲームに出会えた

それが嬉しかったですね。

 

 

龍が如くシリーズは、ナンバリングは全部やってますが、

0のストーリーはシリーズ1、2を争うほど好きですね。

 

5よりも好きです。

5は最後が・・・ってなったので笑。

 

 

0は全体的に、「龍が如くっぽさ」がありました。

男たちの、戦わなければいけない理由っていうのが、

明確だった気がします。

 

 

特に、今回、

真島の兄貴が大好きになりました。

 

龍が如く0は、真島の兄貴がメイン主人公で、

桐生さんはサブ主人公かなっていうくらい、

真島メインの話になっています。

 

真島の兄貴から、

愛情の持ち方、伝え方を学んだ気がする。

 

届かない想いっていうのも、ドラマになってしまう、

そんなかっこよさがあるなぁと思いました。

 

 

 

その後、

なぜかワールドカップ2014を見返してみたくなって、

ドイツ×ブラジルをもう一回見ました。

 

 

当時、リアルタイムで見ていても感じていましたが、

まさに「惨劇」がそこにはありました。

 

 

自国開催のワールドカップで、1‐7で大敗したブラジルはもちろん、

大勝したドイツも浮かない表情をしていました。

 

 

真島の兄貴風に言うと、

「どうしてこんなことになっちまったんや~~~!!!」

という感じですよね。

 

どちらも「歯車が狂うとこうなる」みたいな例で、

その辺が少し似ているのかな。

 

 

ドイツ

「勝って決勝に進めたのは嬉しい。だがお前の力はこんなもんじゃなかったはずだ」

 

真島

「マキムラマコトを救えたのは嬉しい。けれども、もう会うのはこれっきりだ」

 

みたいな。

 

 

龍が如く0って、1よりも前の話を1よりも後に作っているわけだから、

1よりも古いんだけど新しいみたいな話なわけです。

 

0をやり終わった感想としては、

「早く6が発売されないかなぁ」といったところでしたが、

それと同時に、

「過去から新しいことを学ぶことができる」

っていうのも学べたような気がするんですね。

 

 

2014-15シーズンの結果を知った上で、

2014ワールドカップを見直すことで、

歴史の穴埋めというか、移籍した選手たちの本当の価値というか、

そんなものを補完したい気持ちになったのかもしれません。

 

 

真島の兄貴の過去とブラジルの惨劇が、

何となくリンクした今日この頃でした。

 

 

龍が如く0は面白いので、

やろうかどうか迷っているあなたはぜひやってみてください!

 

 

では、本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る