ゆく年くる年2016

この記事は2分で読めます

こんにちは。ルートです。

早いもので、今日で2016年が終わりますね。

年々1年が過ぎるスピードが速くなっていきます。

 

 

ジャネーの法則というのがあって、

たとえば10歳の人にとっての今年一年は、10分の1年であるのに対し、

60歳の人にとっての今年一年は、60分の1年となるわけです。

 

年を重ねていくごとに、分母が増えていくので、

総体的に感じる一年の長さが変わってくるということですね。

参考:ジャネーの法則(Wikipedia)

 

 

昨日まで仕事をしていて、

子どもたちの受験指導をしていました。

年明けも3日からまた指導。

昨日仕事納めで年越しの挨拶はしてきましたけど、

「ではまた来週」って感じで、あんまり年越し感はありませんでした。

 

 

なんだろうなぁ、

子どもの時の方が、年末年始に特別感がありましたね。

そりゃあお年玉がもらえてましたから笑

 

当時僕にお年玉をくれていたおばあちゃんは、今年3月に旅立ったし、

おじいちゃんは施設に入っているし、

まぁ元気で家にいてもお年玉をもらう年ではないんですけど、

何となくさびしい感じの年末年始ですね。

 

 

うちのおじいちゃんはいつも、12月31日の大みそかの夕食を食べ終わると、

「よし、お年玉をやろう」と、フライングで渡そうとしていました。

とにかく孫にお年玉をあげたかったんでしょうね。

「それまだ年明けてないから、今年の分だよね?明日元日になったらまたもらえるんだよね?」

みたいに冗談を言いながら、有難くもらっていました。

 

 

それから何年かの月日がたち、

今はお年玉をあげる方。

 

自分の子どもへ、ではないですが、

従兄弟の子にあげます。

 

自分がおじいちゃのばあちゃんからもらってた分を、

下の世代に還元していこう。

 

 

それでは残り少ない2016年を楽しみつつ、

いい2017年を迎えましょう。

 

今年もありがとうございました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る