ビジネスは全てアウトプットによって成立する

この記事は2分で読めます

人の行動には、インプットとアウトプットの2つがあります。

インプットとは、
本を読んで勉強したり、映像、音楽、ゲームなどを楽しむことなどが含まれます。

情報を摂取し、その情報のゴールが自分になっているのがインプットです。

一方で、アウトプットとは、
文章を書いたり、絵を描いたり、人に話したり、
スポーツをしたりなんかも含まれると思うんですけど、

言葉、体、媒介物で表現することで、相手に情報が伝わるのがアウトプットです。

それで、ふとたどり着いた結論が、
「インプットだけで完結するビジネスはない」ということです。

逆に言うと、
「アウトプットの仕方次第で何でもビジネスになる」とも言えるのかもしれません。

例えば、人生において「良い」とされている、「読書」。
これがなぜ良いとされているかというと、
得た知識を使ってコミュニケーションできる相手が増えたり、自分ができることが増えて貢献できる相手が増えることによって、「良い」とされているのだと思います。

つまり、
アウトプットが前提とされたインプットなわけですね。

他に、世間一般に「良い」とされていないであろうゲーム。
これが良いとされていない理由は、大多数が自分だけの楽しみで終わってしまう、
インプットの域を出ないからだと思います。

でも、インターネットが発達したこのご時勢なら、
ゲームをプレイするということをビジネスにつなげることもできます。

例えば、
最新のゲームの攻略サイトをいち早く作ったり、
またはあるゲームのとても詳しい攻略サイトを作ったり、
スーパープレイや裏技をyoutubeにアップしてみたり、
一見関係ないようなあるゲームとあるゲームの共通点について自分のフレームで語ってみたり、

多くの人が集まれば広告収入で稼ぐことができます。

そうでなくても、数々のゲームをプレイしたことによって、
プログラミングを学んで何かの開発に関わってみたり、
売れているゲームの秘密を応用してマーケティングのプロになったり
ゲームキャラのデザインの仕事についてみたり、

価値のあるアウトプットはいくらでも仕事になります。

一方で、世間的に良いとされている読書も、
1万冊の本を読んだって、
新刊を毎週欠かさずチェックしていたって、
話題のベストセラーを読んでみたって、

「面白かった」で終わっていたら、
インプットで終わっていたら意味がありません。

とはいえ、
人は何かしら情報を得たら、自分で意識していなくてもその情報を取り入れて人とコミュニケーションしてたりもするので、
1万冊読んでもアウトプットに一切反映されないというのなら、それはそれですごいことですね。

まとめます。
この世界に、インプットだけで完結する仕事はおそらくないです。
(見つけたらぜひ教えてほしい)

アウトプットすることで、そのアウトプットに価値を感じてもらえるから、
お金を払ってもらえて、ビジネスが成り立つわけです。

インプットだけをしていて、「お金が欲しい」と思っている人は、
インプットの時間をほんの少しでもアウトプットに向けましょう、と言いたいです。

どんな仕事においても、
・自分の能力を高めること(インプット的勉強)は、
・人と仲良くして価値を提供すること(アウトプット的行動)のためにあるのだなぁと感じた今日この頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る