200%以上の辛さなら、速攻逃げろ!

この記事は2分で読めます

今日はこの本を読みました。

 

『はじめて部下ができたときに読む本 やっかいな部下は、昔のあなた』

千田琢哉さんの本ですね。

 

感想をさらさらと。

 

ー常に自分より1ランク、2ランク上の仕事をしていれば、挫折なんていくらでも経験できる。挫折ウェルカム。

ー挫折経験により、人の心の痛みが分かるようになる。部下の気持ちもわかるし、お客さんの気持ちもわかる。先生という立場の僕としては、生徒の気持ちもわかるようになると思う。

ーリーダーになっても、感じられるやりがいはせいぜい2倍。でも労力は3倍に膨れ上がる。そう、リーダーは割に合わない。でもそういう損得勘定じゃないんだ、リーダーをやるってのは。

ー「いつも心の底の第一志望に向かっていく」(p24)

ー「あなたの師匠への恩返しは、全てあなたの部下にしてあげる」(p43)

ー頑張るのは日常の準備段階であって、当日ではない。当日「頑張れ」は、リーダーとして言ってはいけない。当日は「これまで通りの力を発揮する日」

ー過去の辛さの二割、三割増しの辛さなら、踏ん張ってみる。でも200%以上の辛さなら、速攻逃げろ!

 

 

と、こんな感じのことが書かれていました。

 

上司と部下の関係性について書かれた本ですが、生徒との関わりにも参考になるかなと思って読んだ本です。

サブタイトルの「やっかいな部下は、昔のあなた」というところに共感しました。僕が関わる生徒たちは、自分が過ごしてきたときと、似たような時を過ごしてるんだよね。中学生の時、高校生の時、それぞれで僕が経験してきたことは、彼らに「挙げられる智慧」になることもある、と。

 

 

上の最後の感想に書いた、「辛かったら逃げろ」的な話は、

以前読んだ、北川恵海さんの『ちょっと今から仕事やめてくる 』 の感想にも共通するものがある。

 

仕事が辛くて、自殺してしまおうかと考える隆が主人公なんですけど、隆が作詞した「一週間の歌」が辛い。働く大人だけでなく、学校に行っている子どもたちも抱えてそうな気がします。

隆が鬱憤を撒き散らすシーンでは、その場にいるみんなが被害者なんだと感じました。特に部長。部長視点で見るストーリーも、ものすごく苦しいと思います。

「学校に行きたくないときは、行かなくていいんだよ」と、腕を掴む立場の自分。苦しいときには、軌道修正してもいいという心のゆとりを、早いうちに身に付けられると、いろいろ楽になると思っています。

 

こちらは2017年5月に映画になっているみたいですね。(主人公の青山隆は工藤阿須加さん、ヤマモトは福士蒼汰さん)

 

 

 

ちなみに『はじめて部下が~』著者の千田琢哉さんの本を読むのは2冊目。

以前はこの本を読みました。

『人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。』

 

著者も書いている「量は質を産み出す」というのは、僕の大学院時代の先生も仰っていました。

「食事と入浴の時間以外は、ずっと心理学を勉強していなさい」と話す彼の言葉に、「そんな無茶な」と反応した当時。

今となっては、もうちょっと勉強できたな、と思う部分もあります。

 

特に、その時期にもっと本を読んどけば良かったなと思います。当時はなかなかお金がなくて、本が買えなかったなぁ・・・というのは言い訳ですね。読もうと思えば図書館でも借りられますし。しかも著者は大学4年間で1000万円を1万冊読破に注ぎ込んできたようですから。

著者によると、「悩めば悩むほど、明確な宝の地図を手にいれたようなもの」とのこと。宝の在りかは本の中に示されている、というわけです。悩んだらそれに関する本を読めばいい、と。

 

さらに、「今日読んだ本に、こんなことが書いてありましたよ」と、好きな人に贈るのもおすすめだということです。素敵だ。僕も本を贈りたくなってきた。

 

と、今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ