筋トレ社長のありがたい筋言

この記事は2分で読めます

世の中の99%の問題は筋トレとプロテインで解決します。本当です―。

 

こんな紹介で始まるぶっ飛んだ面白本。

 

最初から最後まで一貫性のある、スピード感のある一冊です。

まぁ1ページ当たりの文字数が少ないのもあるんですけど。

 

ただ、響く言葉は多いです。

水抜きされたエッセンス、言うならば「筋言」が、そこかしこにあります。

 

 

「報われない努力なんてない。考えが甘い。努力に対するリターンをデカく見積もり過ぎるから泣き言言う羽目になる。」

「開始した当初は不可能だと思っていた重量や記録が気づかぬ内にウォームアップとなる。」

 

それぞれ本文からの引用です。

 

言葉だけで筋肉痛を引き起こしそうな筋言。

いや、行動しなければ筋肉はつかないですよね。

 

コツは「自分の小さな成長を見逃さない」こと、のようです。

 

 

まぁ、あれですね。

とにかくちっちゃいプラスでも重ねていこうっていうのが、とても大事だなぁと思いました。

 

 

僕のところに相談に来る生徒にも

「悩みが頭にこびりついていて・・・」という相談を持ってくる子も多いんですよね。

 

 

何回か話を重ねていって、「今」っていうタイミングが見つかったら、

動き出してみる後押しをしたりするんですけど、

エネルギーが一向に上がらない子もいるんです。

 

 

やっぱり、

「小さくてもいいからとりあえず動いてみよう」っていうのが悩みの解決の第一歩なんだろうけど、

僕も著者のTestosteroneさんのように、人を動かす言葉を伝えられるようになりたいですね。

 

 

 

本書の中では「プロテインを摂取しましょう。ホエイプロテインがおススメですよ」といったことが書かれてるんですけど、

プロテインって結構高いんですよね。

 

「そんなところで妥協するな!」ってTestosteroneさんに怒られそうですけど、

筋トレ中の食事方法に関しては、以前だいぽんさんが書いていたこちらの記事が参考になるかなと思うので貼っておきます。

糖質制限で3ヶ月で11キロ落としてみた

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:ルート


不登校の子どもたちの支援者として働いているルートです。中学校1年生の時の不登校体験や大学院時代の休学体験を活かし、同じ悩みをもつ子どもたちの支援者となりました。 メールでお子さんの相談を受けたこともあります。お困りでしたら、何か力になれるかもしれません。

ルートのこれまでとこれから

ルートへのメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ